潤静は副作用の心配ってあるの?

潤静の副作用の心配は?

潤静は低刺激ローションで肌に優しいと評判ですが、本当に肌に優しいのか副作用が心配な方も多いですよね。そんな方のために、潤静には副作用はないのかを調べてみました。潤静の副作用がないかを調べてから赤ちゃんに使ってあげたいですよね。

 

潤静には副作用はないの?

潤静は本当に安全で、安心して使用できるのか、副作用はないのか心配な方も多いですよね。そんな方のために、副作用はないのかを調べてみました。

 

潤静はスキンケアローションで、薬ではありませんので、成分は強いものは含まれていませんので、赤ちゃんにも安心して使えます。潤静は、10種類の無添加でできています。

 

潤静は、合成化学成分は使われていませんので、副作用の心配はなく、肌にも優しいです。副作用が心配な方や、肌の刺激が心配な人も安心して使用することができます。

副作用がでたという口コミはあるの?

潤静は、副作用がなくて、安心できると聞いてはいても、実際に使用した人が本当に副作用がなかったか気になりますよね。

 

実際に潤静を使用してみて、副作用があったという口コミはあるのかを検証してみました。

 

まず、悪い口コミをご紹介しましょう。

敏感肌が悩みで、乾燥がひどいので、使用してみました。ローションタイプなので、すっとなじみました。べたべたしませんので、使いやすく、塗り心地も良かったです。ただ、保湿効果をそんなに感じられませんでした。

乾燥肌に効果があると聞き、潤静を使い始めました。3日間経過しましたが、がさがさして気になるところはたいして良くなりませんでした。潤いは感じますが、思ったよりも良くなりません。すぐに良くなると思っていたので残念でした。

このように、潤静を実際に使用した人の口コミを調べてみましたが、ほとんど良い口コミでした。

 

副作用があったという口コミがないかを探しましたが、そのような口コミはありませんでした。やはり、潤静には副作用がないようです。

パッチテストをしよう!

潤静は、副作用がないローションで、安心のこだわりの成分が配合されています。

 

しかし、赤ちゃんや子供や、肌が弱い人は、潤静を使用する前に、パッチテストをすることをおすすめします。

 

赤ちゃんの肌というのは不安定で、お医者さんでもなんの成分が肌に悪いから副作用があるのかわからない場合もあるくらいです。

 

潤静は、ローションなので、直接肌に塗って肌が荒れたりすることを避けるために、使用する前に、パッチテストをすることをおすすめします。

 

パッチテストの方法は、絆創膏のガーゼのところに潤静を塗布し、二の腕の内側に貼りましょう。肘からこぶし分くらい離して貼りましょう。30分経過したら1回確認するようにしてください。万が一、赤みや炎症が出てきたら、すぐに洗い流しましょう。

 

異常がない場合には、そのまま12時間様子をみてから絆創膏をとりましょう。パッチテストをして、赤みや痒み、発疹や腫れ、水疱ができた場合には、すぐに洗い流して使うのをやめてください。

 

パッチテストをして異常がなければ安心ですよね。

 

>>潤静の最安値はコチラ