潤静はアトピーがの人が使ってもいい?

潤静はアトピーにもいい?

潤静は、乾燥肌で痒みがあったりする時に効果があると評判ですが、アトピーの肌にも効果が期待できるということです。潤静はアトピーに本当に効果が期待できるのかを調べてみました。潤静が気になっているアトピー肌の方はご参考にしてください。

 

アトピーになりやすい理由

子供の肌がアトピーになりやすいのは何故なのでしょうか。

 

まず、皮膚が薄いということです。子供の肌というのは、キメが細かくて、刺激にとても弱くデリケートです。皮膚のバリア機能が弱いために、異物を侵入させないようにしたり、肌の水分量を閉じ込めることができません。

 

乾燥肌の症状が現れやすいのは、小学生低学年までの小さいお子様です。肌表面の皮脂の分泌量が少なくなっているためです。

 

汗をかくと、肌から水分が失われて、汗が刺激になります。汗を洗い流すためにシャワーをすることによって、必要以上に皮脂を落としてしまいます。

 

子供の肌が乾燥すると、デリケートな状態になり、ちょっとした刺激があると、痒くなってしまいます。

アトピーのリスクを抑える方法

アトピーのリスクを抑えるためには、肌の保水力を高めましょう。刺激があると潤いがない肌から侵入してきてしまうので、バリアを作らなければなりません。

 

新生児期に保湿剤を塗ることによって、アトピー性皮膚炎の発症リスクがなんと3割も減ることが研究からもわかっています。

 

潤静は、肌の水分量を高める成分をたっぷりと配合しています。潤静は、普通の化粧水と比べると保水力や保湿力がかなりあります。

潤静の成分

潤静の成分にはどういったものが含まれていて、保水力を高めて、アトピーから守るのでしょうか?

 

まず、超高分子PGAが含まれています。PGAというのは、納豆菌が作り出すネバネバで、化粧品では潤静がはじめてこの成分を配合しました。コレーゲンやヒアルロン酸よりも保湿力が高くて、肌の表面に膜を作って、外部の刺激から守ってくれます。蒸発しないようにするので、水分が肌に定着します。

 

3種類のセラビドが配合されています。セラミドは、肌の内部で潤いをキープし、外部の刺激から守ってくれます。お肌が敏感なお子様にも安心して使える成分です。ヒト型セラミドは、皮膚と同じ構造で、肌の馴染みが良くて、刺激が少ないです。

 

キハダ樹皮エキスは、炎症を抑えたり、鎮痛効果があり、肌を清潔にキープすることができる成分です。潤静にはこの成分が4倍配合しています。肌荒れ防止効果、抗菌作用、消炎作用、収れん作用、肌の引き締め効果があります。

 

発酵プラセンタは、美容効果があります。肌の再生に欠かせない成長因子の量を増やします。特にアルギニンはコラーゲンの生成を促進し、グルタミンは肌の保湿効果をサポートしてくれます。シスチンは美容効果が高いので、肌に優しく浸透していきます。

 

11種類の植物由来成分が配合されています。オーガニック化粧品でも使われている天然成分で、保湿や保水や炎症を抑制してくれます。オウゴンエキス、シソ葉エキスというのは天然の保湿成分で、無添加化粧品でもよく利用されています。

 

>>潤静の最安値はコチラ